ペニスを大きくするために意識して摂取したい4種の栄養素

ペニスを大きくするために意識して摂取したい4種の栄養素

 

ペニスを大きくするために意識して摂取したい栄養素をまとめていきます。

 

ペニスに関する悩みを抱えている男性は意外と多く、デリケートな問題だからこそ中々人には相談できないですよね。

 

数多くの悩みの中でも、「ペニスが小さい」「ペニスが細い」と感じている男性は少なくありません。コンプレックスでストレスが溜まるだけではなく、パートナーへと悪影響を与えるデメリットもあります。

 

そこで、以下ではペニスを大きくするために意識して摂取したい栄養素をまとめてみました。

 

  • 数日間で勃起した時のサイズが数pアップする
  • 短期間で見違えるほどペニスの大きさが変わる
  • バイアグラを飲んだ時のように勃起力が上がる

 

このような変化を得ることはできないものの、ペニス増大のために身体の内側から体質改善を図るのは意外と重要ですよ。

 

どれも食べ物やサプリメントで簡単に摂取できる栄養素ですので、短小ペニスで悩んでいる男性は一度チェックしておきましょう。

 

シトルリン

 

シトルリンは勃起力を高められる代表的な栄養素で、精力剤の中に含まれています。

 

シトルリンはアミノ酸の一種で、スイカの中から発見されました。

 

なぜシトルリンの摂取によってペニスを大きくできるのか理由を見ていきましょう。

 

  1. シトルリンを取り入れると血管を広げる作用を持つNO(一酸化窒素)の生成量が増える
  2. 血流が良くなればペニスの海綿体へと多くの血液が流れ込む
  3. 勃起した時のサイズがアップしたり勃起不全を解消したりする

 

ペニス自体の大きさには変わりないものの、勃起力が高まればギンギンの状態で更に大きくなるというメカニズムですね。

 

シトルリンはスイカだけではなくヘチマやメロンなどの食べ物の中にも含まれていますので、毎日の食生活で取り入れる価値は十分にあります。

 

しかし、1日の目安量の800rを食べ物だけで取り入れるのは非現実的ですので、精力剤などのサプリメントを上手く活用しましょう。

 

ビタミン類

 

「ビタミン類は美容に良い栄養素」とイメージしている方は少なくありません。

 

確かに、ビタミンCを含む化粧水や美容液は多いのですが、実はペニス増大を身体の内側からサポートしてくれます。以下ではビタミンの種類によってペニスへとどんな働きが期待できるのか簡単にまとめてみました。

 

  • ビタミンC:コラーゲンや血管を作るタンパク質の合成に欠かせない栄養素
  • ビタミンE:毛細血管を広げて海綿体へと流れる血液の量を増やす
  • パントテン酸:ビタミンB群の一種でエネルギーを生み出す効果を持つ

 

シトルリンと同じようにペニス自体の大きさには変化はないものの、血流をアップしたりエネルギーを生み出したりするのは大事です。

 

アルギニン

 

アルギニンは天然に存在するアミノ酸の一種で、ペニスの増大をサポートしてくれます。

 

男性機能と深い関係性を持つのは間違いなく、数多くの精力剤に含まれているのが何よりの証拠ですね。

 

なぜアルギニンを摂取するとペニスを大きくできるのか理由を見ていきましょう。

 

  • 男性ホルモンのテストステロンを増幅する作用を持つ
  • ペニスに成長ホルモンが集まって勃起力を強くできる
  • 体内での一酸化窒素(NO)の生成を助けて血流をアップできる
  • 臓器の疲労を解消して全身の疲れを回復できる

 

「勃起力が弱いな〜」と感じている男性は、大豆やエビなどの食べ物を食べてアルギニンを摂取してみてください。

 

GHリリーザー

 

聞いたことがないという人は多いものの、GHリリーザーはペニスの増大に欠かせません。

 

成長ホルモンの分泌を高める栄養素の一つがGHリリーザーで、ペニス増大サプリメントの中に入っています。

 

「GHリリーザーを摂取する」⇒「成長ホルモンの分泌量がアップする」⇒「海綿体細胞へと働きかける」⇒「細胞分裂を始めてペニスが大きくなる」といったメカニズムです。食べ物では取り入れることができないので、この栄養素が配合されているのかどうかで精力剤を比較してみましょう。